お庭を綺麗にしたいならガーデニング用品を揃えよう

婦人

冬が来る前の花の管理

植物

水やりを減らす

秋は夏の暑さによって弱った植物が元気を取り戻してくる季節で、管理をしっかり行うことで綺麗な花を咲かせてくれます。秋に育てる植物の管理で大切なのは植物にしっかり太陽の光を当てて、弱った株をもとの状態に回復させることです。快適な気温の秋ですが日光の強さが春や夏と比べて弱く日が短いため、出来る限り太陽の光が当たる場所での管理が大切です。また、秋は植物にとって冬を迎える準備をする季節でもあり、乾燥気味に育てると植物の耐寒性を高められます。そのため秋の植物を管理するポイントとしては、水やりの量を少しずつ減らして、冬の寒さに耐えられる株を作ることが重要です。春や夏と違って秋は水やりの量を減らしても枯れる心配がないため、土の表面が乾いてもすぐに与える必要はありません。また、冬に室内に取り込む植物でも、早くから室内に取り込まず屋外に置いて寒さに慣らしておくのも肝心です。耐寒性のない植物でも少しずつ寒さに慣らしていけば、かなりの寒さに耐えることが可能です。また、ほとんどの植物は冬に成長が止まるため、秋に肥料は与えない方が良いです。しかし、どうしても秋に肥料を与える場合には、即効性の高い肥料を与え成長が止まるまでに肥料を使い切ります。秋は長雨によって植物に被害が出やすい季節なので、湿度に弱い花を育てるときには注意が必要です。また秋に植え替えや株分けをするときは、冬までに十分に株が回復できる期間が残されていることが大事です。