お庭を綺麗にしたいならガーデニング用品を揃えよう

婦人

楽しいイモの収穫

野菜

初心者でも育てられるイモ

イモ類は日本の食卓に欠かせない食材です。なかでもジャガイモは和食にも洋食にも合うので幅広い世代から好まれています。育て方も難しくはないので家庭菜園の作物として人気があります。ジャガイモの育て方は種イモ選びから始まります。表面のシワが少なく、張りがあるのが良い種イモです。ジャガイモにはキタアカリ、男爵、メークインなどの品種があり、それぞれイモの食感に特徴があります。品種で迷ったら園芸店で相談してみましょう。基本的な育て方は変わらないので好みに合わせて選ぶことがおすすめです。種イモは半分もしくは3つ程度に切り分け、断面を下にして植え付けますが、切り口が乾かないうちに埋めてしまうとそこから腐ってしまいます。しっかりと乾かしてから、乾いた土に植えるようにしましょう。芽が出たら土を根元に寄せ、成長に合わせて畝を高くしていきます。植え付けの時期は3月が多いのですが、ジャガイモは冷涼な気候を好む植物です。早いところでは12月頃に植え付けを行ない、じっくりと育てていきます。育て方のポイントは肥料を与えるタイミングです。芽が出る前とつぼみができ始めた頃に与えます。肥料は直接イモに吸収されるのではなく、まずは根から吸い上げられ、大きな葉を作ります。葉は日光を浴びて光合成をし、そこで作られた栄養分がイモに蓄えられていくのです。花が咲いて2〜3週間で収穫できるので、少し掘ってみてイモの育ち具合を確認してみましょう。